トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    中古車市場に限定されたことではないのですが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、初年度登録日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    所有する車を売りに出そうと決定したのならば、なるべく早くやったことが良いこととして挙げられるのが、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    査定金額の相場を把握することによりとても安い値段で取り引きさせられるリスクを随分と減らすことが出来るでしょうし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    プロの営業マンのセールストークを鵜呑みにするのもどうかというところがあって、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    現時点での査定相場が前もって幾らぐらいになるかを調査しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    特に中古車売却についての事案は多く、全体に占める割合も増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談するようにしましょう。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、売却後に業者のほうでいまどき風のタイヤに付け替えることがほとんどだからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はないわけではありませんが、非常に僅かなものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、逆に損するケースがほとんどです。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、市場価値の判断がつきにくく、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

    複数社に一度に依頼できる一括査定サイトをうまく使えば、ほんの少しの手間と時間だけで複数の買取店の査定額を集めることが可能です。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、パッと見たときには素人目で綺麗でもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いということとは違いますから注意しましょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、下取り価格は業者買取価格より安くなるという事実があることは忘れてはいけません。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    売却した車の所有者が個人で、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。