トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    これは中古車査定の場合だけではなくて、どのような分野に関しても言えることですが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    ひとつやふたつの悪いコメントを発見したとしても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることがベストな方法です。

    売っても良いかと考え中の中古車にこれでは売却したくないと考える査定金額を算出して示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車の査定をしたからといって、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うと一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    中古車を見積もる際の基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、実際の査定金額を導き出します。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、中古車販売店の方で別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はないわけではありませんが、非常に僅かなものです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても得することはほとんどないでしょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    虚偽申告は査定担当者に不信感を持たせますし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    実際、契約書の中にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、中古車買取業者に買い取ってもらう際は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、査定士を派遣してもらう以前に電話などで代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    同じ業者でも店舗が違うと代車がないこともありますから、念には念を入れて確認しましょう。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    まずは一括査定サイトなどを使って仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取業者による現物査定が行われ、その業者が出せる査定額が決定します。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。

    大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

    でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、少しでも高く売りたいならすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。