トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、査定額が付かないと言われることがあります。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    多くの中古車買取店を回ったとしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車を専門とする買取業者に引き取ってもらう方法もあるので、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分けると車種や車体の色などの基本性能、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ査定を依頼する必要が生じます。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、無料で査定してくれるわけではありません。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのは満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、より条件の良い保険会社があったらさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は値段がつかないこともあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    車の中がきれいに掃除してあったり、査定前に洗車していようと、見積額がプラスになることはありません。

    素人による清掃は誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    といっても、利点がないわけではありません。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、気持ち良く値付けが出来ます。

    点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    かといって、車検が一年も残っていない状態では査定価格アップをそれほど期待できません。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることはさほど意味がないのでやめましょう。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。