トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    中古車専門の買取会社の中には沢山の種類があって、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、もしくは専門で販売している会社というものがあります。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方が高く見積もってくれることでしょう。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、判別することができるでしょう。

    もちろん大部分は良心的ですが、その数は多くないのですが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定後にその車を持っていっても良ければ査定額を上げましょうなどと言って、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    所定の契約手続きをしないでなぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    中古車を見積もる際の基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、査定に行く前に入念に清掃することで査定額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、最終的な見積額を決定します。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、売却する業者が決まって契約となると、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    車を売る気持ちが固まったら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は競合する相手がいませんから高額な金額はつきにくいです。

    ただ、車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車業界では減点査定の対象となります。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金に対応している買取業者を探してください。

    即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあります。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

    即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、後者が優先順位が高かったらすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

    近年市販されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムがほとんどと言えるでしょう。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば評価してくれる可能性が高くなります。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、事前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。