トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を店舗側から提示された場合、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主な原因は何点か挙げられますが、最も大きな査定低下の要因は、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    酷いケースではゼロ円査定に低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    オンラインを通じてどこにいても自由に中古車の価値を見積もり可能なのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    フォーマットに必要な情報を入力すればすぐに数多くの会社からその車の価値を査定してもらえて、その時点での売却予定車の相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで査定してもらうつもりなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    ただ、持ち込みということになると相場もわからなければ価格競争もありません。

    つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、より高い額で売却することができます。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、出来ることは限られています。

    廃車にするまで乗り続けるか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、使えるところは分解してでも使うというやり方で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も相応の値段をつけられるわけです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら無関係なのが普通だからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは中古でも人気が高い品物ですから、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、相応の価格で売れます。

    一部のブランド品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件を満たせば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税務署のスタッフに聞いてみてください。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    車が欲しいと思う人が増える時期にはつられて買取金額の相場もアップします。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。