トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    売買予定の車の見積額が下がってしまう主な原因は何点か挙げられますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    場合により見積金額が0にまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に見積もりを出したまでです。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によってその状態はまちまちですから、具体的な実際の査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して中古車の価値を見積もり可能なのが一括査定サイトを利用することの長所と言えますね。

    フォーマットに必要な情報を入力すれば一瞬で査定価格が複数の業者から寄せられて、売却予定車の今の価格相場が分かるのです。

    車以外の個人情報を入力するのが嫌だという時には、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、買取業者が実際に車を見てチェックし、最終的な価格決定となります。

    価格と説明に納得すれば、印鑑や必要な書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった最終段階の手続きを行ったあとで買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これですべての売却手続が終わります。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに金銭面での記載については納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから契約書を交わすようにしましょう。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって車の買取査定を行うのが普通です。

    ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    採点されるポイントは、事故歴、修理歴、傷、故障、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、修理歴を隠蔽したところで隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくて面倒な思いをすることもあるでしょうが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは幾らかでも高く自動車を売りたいと考えているならやった方が良いでしょう。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。

    今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    大きな交渉事は焦らないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことで大幅な節約になるでしょう。

    そんな維持費の内容を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    以上の合計を鑑みると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額するケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならば責任があるのは自分側です。

    自分に落ち度が何もない場合には、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自ら承服する必要はないと言えます。