トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を店舗側から提示された場合、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主な原因は何点か挙げられますが、最も大きな査定低下の要因は、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    酷いケースではゼロ円査定に低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    オンラインを通じてどこにいても自由に中古車の価値を見積もり可能なのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    フォーマットに必要な情報を入力すればすぐに数多くの会社からその車の価値を査定してもらえて、その時点での売却予定車の相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、実車査定が終わると正式な価格が提示されます。

    特に値付けに問題がなければ、車検証や自賠責保険証などの書類を整えて業者の用意した契約書に署名捺印します。

    そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等の型通りの手続きをもって買い取った業者から入金があり、売却に関するすべての作業が終わります。

    自分に落ち度はなくても追突され、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、値段がつかないこともあります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それは交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすれば支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に対する影響が少ないものです。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。

    もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には普通タイヤに交換してからでなければ販売できません。

    結局、その手数料としてあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    業務と兼用している車を売るときには、一般とは違った決まりが存在しますから、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    ましてや、駐車スペースがなければ、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかという見方で考えてみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売る方からみても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、それにつられて買取価格も上昇していきます。

    9月と3月は会社の決算月なので通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、上手く交渉すれば査定額を高く買い取ってもらうことも可能でしょう。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。