トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、このケースの場合は勿体ないです。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売却を断っても構いません。

    多くの業者に見積もってもらってなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して契約する方が賢い選択です。

    しかし、取引契約を締結してからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    インターネットを利用して知ることがかぬな中古車の査定金額というのは、あくまでも簡単な査定方法にて見積もりを出したまでです。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディや内装の状態などは異なりますから、一台一台の具体的な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている業者に相談するという手があります。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーもこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定士がつけた査定額というのは必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでか確かめておいたほうが良いでしょう。

    有効期限の設定は、長いところで2週間でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして相場の変動が大きい繁忙期の査定では、非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    とはいうものの、休みの日を費やしていくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、短時間で手続きが済みます。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、心してかかる必要があります。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売る方からみても自動車を高く売るチャンスですね。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

    3月と9月は企業の決算月にあたるので中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。

    車のローンを完済する前でも買取業者に売却することは可能です。

    もっとも、車検証の所有者が売主であることが条件です。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、ローンを返し終わるまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    それとは逆に、これら以外の色では、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    流行のボディカラーだとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。