トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    中古車に限らず、インターネットでは買い取ってもらいたい車の見積もりをいっぺんに複数の企業に依頼可能な、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    見積もりを出してもらったら必ず売却すべきという決まりはありませんし、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    でも、査定してもらった会社の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。

    自分で買い取り店に行くことなく、たくさんの買取店の査定額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、致し方ない面もあるのですが、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    やがて着信音を聞いただけでうんざりしたり、なかなか引き下がらない店舗が存在するデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    もちろん程度問題ですが、車内がたばこ臭い場合はマイナス査定になります。

    過去に喫煙したであろう車は、禁煙車にしようと考えているユーザーには売ることが非常に困難だからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    買取査定に持って行く前に車内を念入りに掃除することで、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    タイヤの状態は中古車の査定時にはあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    ただ、タイヤがスタッドレスのときはひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、ノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を引かれた額が買取額となります。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、自動車の販売は好調です。

    どの中古屋でも売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、カーディーラーに下取り査定を頼むときには、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

    もう一点は、内部に染みついた臭いを軽くする事ができるからです。

    車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、その程度にもよりますが大きなマイナスポイントです。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげれば出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。

    自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、後からいざこざが起きても仕方がないため、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車売却時に限定したことではなくてどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    署名して印鑑を押した以上、書かれている文章の内容はすべて法的効力を有するのです。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまで営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。