トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は車の見積もりの際に大々的に減額される元凶となります。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは査定額が出ないことがあるのです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車にすることを前提として買い取る業者にお願いする事が可能ですので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、いざ見積もりに出そうと言うときには思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    事故や修理があったことは消せないですし、隠し通すことはできません。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは幾らかは個人個人で対処することにより片付けることができるはずです。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、悪臭が漂っていると減額対象になりやすいので、消臭スプレーなどで取り除く努力をしましょう。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    事実を隠すという行動は査定担当者に不信感を持たせますし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    実際、契約書の中にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際してさほど価格に影響を及ぼすものではありません。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはタイヤをノーマルに戻してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    結局、その手数料として見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、高い買取額を狙うというのもありです。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、どことも競う必要がないため、もしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    どちらも一長一短ですが、下取りでは査定料をとられることが多いので、両方試すなら無料の買取査定が先でしょう。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    売却した車の所有者が個人で、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理に修復しようと試みずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    それとは逆に、これら以外の色では、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。