トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    中古車売買に於いて、その査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、査定に行く前に入念に清掃することで査定額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、正直にハッキリと伝えましょう。

    このベースとなる基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、最終的な見積額を決定します。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、査定後にその車を持っていっても良ければ査定額を上げましょうなどと言って、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えた車は多走行車という名称があり、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    車の外観の傷というのは中古車の売却査定の際にしっかり確認されます。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても買取額でその修理費の元がとれることはほとんどないというのが実情です。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、どうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    業者の無料査定を経験した人ほど本来確認すべきことが疎かになってしまうため、査定手数料が必要なのかどうか契約前にあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、状態やニーズ次第です。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば査定はプラスになるでしょう。

    ただ、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、減点は避けられません。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    日常的に乗っている人がいなくなって、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    それから、あらかじめ車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    車検を通すのにかかる費用の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実際の見積もりに出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    過去に事故を起こした車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、納得のいく方を選ぶことが大事です。