トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。







    先ず第一に、車の買取においては、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、見積もりを完了するために要する時間というのは待っているロスタイムを除いて約10分少々で済みます。

    これは現時点における車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、これらに応じた加算や減算をすることによって最終的な価格を決定することが可能だからです。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほどドンドン低く見積もられることになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車と言われていて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には「過走行車」と呼ばれて、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    売却したい車で店舗に乗り付けて現物査定を受けるつもりであれば、待つことさえ厭わなければ飛び込みOKというところが多いです。

    ただ、飛び込み査定のときはまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    つまり本来の価値より低い価格で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方が良い値段がつきます。

    まだローンの残っている車を売る際は、まずは売却前に完済を求められるでしょう。

    それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、名義もローン会社であることが普通だからです。

    業者に売る前にローンの残りをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、できないのであれば例えば買取額から債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    実際に車を見て査定してもらう際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、家などに出張して査定してもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    中古車買取業者のほとんどが無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    基本的に改造した車は車検を通すことができませんが、このような車でも売却可能です。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定額が期待できない場合があることを覚えておいてください。

    売却するのが改造車の場合は、じゅうぶんな知識と理解があり、改造車を売る手立てのある専門の店舗に持ち込むことを選択すると良いですね。

    売却車の状態によっては改造車でも思ったよりも高い査定額が出される可能性もあるのです。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    中古車市場での需要が高まる季節には一緒に買取価格も上昇するからです。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    事故車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    そこでは車は部品の集合として扱われ、パーツごとに査定してもらえるので、一般の買取業者のように値段がつかないということがないのです。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも納得のいく方を選ぶことが大事です。