トップページ > 新潟県

    このページでは新潟県でベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高い金額で買取をしてくれる新潟県の買取業者に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    高級車のベンツを高く売るために大切なことは「新潟県にあるいくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1社のみとかなじみのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。新潟県にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へベンツの買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、新潟県対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っているベンツの買取査定相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のベンツを新潟県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのベンツの買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、新潟県に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツでも高く売ることができます。

    約10社の業者がベンツの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのベンツを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたが愛用したベンツを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、新潟県に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたベンツを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。新潟県に対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、ドイツ車のベンツであれば大手買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    なので、ドイツ車のベンツなら先にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたベンツを売却しましょう。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でもその見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほどドンドン低く見積もられることになります。

    5万kmを越えて走行している車は多走行車という名称があり、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という扱いを受け、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    中古車市場に限定されたことではないのですが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、おおむね初年度の登録からの日にちが経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    買取に出そうと考えている所有車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うと一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることが多く、敬遠されることがあります。

    査定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、日数があくこともあるわけです。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、実車査定の段階以前にあらかじめ代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    うっかりしていると業者次第でまったく代車がないなどということもありますし、念には念を入れて確認しましょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、それでも前もって修理に出しておくことはかえって得にならないことがほとんどなのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、前者の方がグッと安くて済むのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車を売りに出したりしないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    軽自動車に関してはまた別で、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    でも、車を売却する際には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて還付されるようなことはありません。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけ加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。