トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高い金額で買取をしてくれる静岡県の買取業者に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    高級車のベンツを高く売るために大切なことは「静岡県にあるいくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1社のみとかなじみのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へベンツの買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、静岡県対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っているベンツの買取査定相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のベンツを静岡県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのベンツの買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、静岡県に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツでも高く売ることができます。

    約10社の業者がベンツの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのベンツを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたが愛用したベンツを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、静岡県に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたベンツを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。静岡県に対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、ドイツ車のベンツであれば大手買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    なので、ドイツ車のベンツなら先にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたベンツを売却しましょう。







    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、人気のある特定のボディーカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の価値を算出していきます。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、改造パーツの有無、走行距離などです。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、事故歴や修理の痕を隠そうとしてもバレずに済むはずがありません。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    多数の見積り額を集める意義は、相場を知って買い叩きを回避するためと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    本来の目的さえ満たすものなら、少なかろうと多かろうと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    中古車販売業者の多くはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、一気に同じ時刻に中古車の見積もりをお願いする事を相見積もりといいます。

    相見積もりによるメリットは、査定士同士の価格競争によって査定額の引き上げを狙えることです。

    相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は購入意欲が高い会社が多いようで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    ちょっとでも中古車の査定額をアップするために効果が高い方法といえますね。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    中古自動車の売却の時には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、事前に修理したからといって反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と前もって自分で修理に出すときのお金では、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。